ダイエットについて

食事制限ダイエット、目の錯覚を利用するとよい⁉

投稿日:

食事制限ダイエット

ダイエットしてみたいと思い立ったとき、食事の量を減らすことができれば、割とすんなり痩せられることができるのです。

しかし、現実的にはストレスとの闘いなどもあり、それが上手くいかないことも多々ありますし、無理にやろうとしてダイエット自体挫折してしまうということが考えられます。

つまり、ダイエットでは食事の量を減らすことをすれば確実に体重は減りますが、それをストレートにやろうとしても難しいということになるのです。
食事の量を減らすという考え方自体は良いとしても、工夫を凝らしながら取り組まないといけないということになります。

食事の量を減らすということは、今まで食べていた量を食べられなくなるということになり、それが不満を生み、ストレスにつながるのです。
その部分を改善することができれば、結果的にストレスを感じずに済むので、食べている量が減っているという感覚を生じさせない工夫をすると良いです。
そのためには、食事をするときに使う食器を工夫をするという方法がおすすめと言えます。

意図的に料理を盛るときに小さめのお皿を使うということがポイントで、溢れてしまいそうな状況を作ると良いです。
そうすることで、見た目的にはものすごい量の料理が並んでいるように錯覚してしまうのです。
実際は量は今までよりも減っているとしても、それを盛るお皿を意図的にサイズを小さくすると、多く盛りつけられているように見えますから。

だから、自分自身が今までよりも量が減っていることを知っていても、そのように見えないということから食べる量が減ったということを認識しづらいのです。
そういう状況を実現できれば、結果的にストレスを感じずに食事の量を減らすということが成功しやすいのです。

ダイエットをするときに、食事の量を減らしてそれで痩せていきたいと思っているならば、小さめのお皿を多く用意するということを心がけましょう。
食事の量を減らしつつも、それを盛り付けるお皿は小さいものを選ばないといけないので、場合によっては家にあるものでは足りず、新しく買わないといけないということもあるかもしれません。

しかし、長期的にこのダイエットの方法をとると少しずつ体重が落ちてきたり、見た目がスリムになってきたりと、ちゃんと結果はついてくるはずですから、食事で摂る量を少なくするというシンプルな方法を選ぶときには、こういう工夫も同時にしていくと良いです。
ストレスを抱えづらい方法をとらないと長続きせず、ダイエットできないので、自分にとって不満を感じづらい手段というのが重要なのです。

-ダイエットについて

Copyright© ダイエットサプリ人気ランキング2020!60日で激やせ宣言! , 2019 All Rights Reserved.