コスメ関連記事

アイシャドウ、カラーバリエーションを広げよう!

投稿日:

アイシャドウカラー

長らくアイシャドウは茶色がベーシックという時代が続きました。これは、日本人なら似合う色で、陰影を顔にしっかり付けられるのに加えておとなしめのカラーなので、どんなシチュエーションにも対応できるという理由からでした。

何色のカラーを顔に乗せるかというのは重要で、面と向かったときにはやはりまるで違う印象になったりします。しかし、同じようなメイクの方法をするなら、実は何色を使ってもあまり皆が気にしているポイントである派手さには大差なかったりするのには、まだ着目している人は少ないかもしれません。

二重の幅の部分にアイシャドウをぼかすだけのとてもシンプルな化粧方法をするとして、例えばそこにブラウンを乗せたときとモスグリーンを乗せたとき、ワイン色を乗せたときなど比較すると、目の上に乗っている色は違うかなとは思っても、その人自体の顔の作り方が変わったなという印象はほとんど持たないはずです

あくまでその人の持つ顔の造作から醸し出すものは何も変化はしないものなのでしょう。いつものメイク方法でやってみたら自分の使いたい色が似合わないとき、メイク方法を変えれば似合うから、そのようにしてみたら派手顔になったり顔の造作が変わったようになることがあるというケースと紛らわしくて、盲点的なことかもしれません。

なので、大人しい感じに仕上げたくても、それならブラウン一択という風に思いこまずに、自分の使いたい色々なカラーを使うといいと思います。自分の基本のお化粧したときの顔というのを作る方法で、様々な色を試してみて、そこで似合う色なら何色でも構わないはずです。

また、おとなしめのメイクとして暖色系のカラーを活用する方向については、あまり積極的には言われてはいません。

例えばピンクやごく淡い赤色、肌馴染みのいい白や薄付きのゴールドなど、ノーメイクっぽいイメージに持って行きながらも自分の気持ち的にはカラフルという方法は色々ありそうです。それらについて、定番ブラウンのような使い方を開拓するのもいいのではないでしょうか。

-コスメ関連記事

Copyright© ダイエットサプリ人気ランキング2020!60日で激やせ宣言! , 2019 All Rights Reserved.